住宅ローン審査速攻承認プログラム

myhomeloan

appli03_red

不動産投資向けのローン審査と、あなたが住むマイホーム向けのローン審査
とでは、チェックするべきポイントが異なります。

一般的には不動産投資向け融資の方が審査が厳しいわけですが、マイホーム
向け住宅ローン審査の方が厳しいケース
も中にはあります。

本来なら審査に通るはずなのに通らないという場合があるのです。

もちろん、個人の好みだけでローン審査が行われるわけではありませんから
しっかりとした理由があるわけですが、条件だけを見れば合格できる人でも
無知なために不適切な対応を繰り返した結果、自滅するというケースが意外
に多いのです。

某都市銀行で住宅ローンの融資業務に10数年間にわたり携わっていた経験を
持つ中山恵理子さんは、同じような生活レベルの人であっても住宅ローンに
通りやすいケースと全くダメなケースにわかれる
と指摘をします。

同じような収入であっても、堅実に貯蓄しているのと、浪費家で常にカード
ローンを抱えているという違いであれば、簡単に合否の差がわかるとしても
融資を依頼する先の金融機関に対して言ってはいけないことを伝えたばかり
にローン審査で落とされるといったケースなどは、知らないと分からないの
ではありませんか?

これとは逆に、事前に伝えておかないとヤバイことを隠しておいたがために
同じく住宅ローン審査で落とされるというケースも有りますから、申込書に
書くこと以外は全て黙っていればいいというわけでもありません。

また、不動産業者にローン審査の攻略法を聞いたり、審査に通過するように
対応を依頼する人もいますが、それこそ、担当者が不適切な対応をしたため
に、どの金融機関にローン審査を依頼しても門前払いされるブラックリスト
入りするといったケースも有ります
ので、これでは泣くに泣けませんよね。

そこで、中山さんが銀行勤務時代の経験と、一般財団法人住宅金融普及協会
認定の住宅ローンアドバイザー資格を活かして、あなたが住宅ローン審査を
短期間で通過できるようにするためのノウハウをまとめた「住宅ローン審査
速攻承認プログラム
」というマニュアルを作成しました。

住宅ローン審査に通過できるようになるだけでなく、融資金利も優良顧客と
いうことで低金利で借りられるようになる場合もありますので、トータルで
の負担が大幅に軽減
できるチャンスが広がります。

融資金額や返済期間によっても異なりますが、金利が1%違うだけでも返済
総額が数百万円は変わってきますから、大きな差ですよね。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ