プラネットチャート バイナリー編

planetbo

appli03_red

2013年12月に日本のバイナリーオプションは終焉を迎えたといっても過言
ではないのが「バイナリー規制」です。

これにより、最低でも2時間以上の間隔でしかバイナリーオプション取引が
できなくなりましたので、従来のように10分や15分などの間隔で行われて
いたHIGH&LOWなどはもちろんのこと、60セカンズや120セカンズ
などの取引も不可能になりました。

プラネットチャート バイナリー編」では、「バイナリーバース」は外為
オプション向けと紹介されていますが、バイナリー規制導入前の話であって
現在のトレードルールでは使えません
ので注意が必要です。

旧外為オプションと同じトレードルール(悪名高き「総取り」は採用されて
いなくても全く問題ありません)を採用する、海外のバイナリーオプション
業者であればバイナリーバースが使えます
ので、全くの無駄というわけでは
ありません。

たとえば、BOBOXやバイオプといったところが有名でしょうか。
いずれもトラブルが色々と報告されていますから、実際にトレードをする際
には注意をする必要がありますし、本サイトではおすすめはしません。

裏アフィリエイターがアフィリサイトで悪徳業者を勧誘することが少なくは
ありませんが、騙されて痛い目にあうのは「あなた自身」です。

むしろ、24optionなどで提供されている300セカンズを対象とした「ドット
オンライン
」のほうが役立つのではないでしょうか。

300セカンズでは購入時レートで判定しますから、旧外為オプションなどの
拘束レートと比べてペイアウト率が低い傾向があるとは言っても、トレード
自体は有利に進められるものです。

「ドットオンライン」を使えば、小さなトレンドを正確に識別できますから
適切なタイミングでエントリーして5分後に勝利できるというわけです。

もちろん、ドットオンラインはFXの短期スイングトレードに応用しても構い
ません。

5分間の制約にとらわれることなく、さらに大きくトレンドを狙っていける
ことから、損切りと利益確定のタイミングを間違えなければ利益を何倍にも
増やすことが可能です。

しかし、「損切りと利益確定のタイミング」が最も難しいんだといった声が
聞こえてくることは予想できますので、そういう懸念をあなたが抱いたので
あれば、無理せずにバイナリーで稼ぎましょう。

【文章を開く】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ