レイチェル・ボリンジャー

rbolinger

>>公開は終了しました<<

ジャッキー・ボリンジャーに続いて「レイチェル・ボリンジャー」が新たに
登場しました。

どちらもFX自動売買システムとして稼働しますし、公開するとお粗末なこと
がバレるのを恐れているのか、それとも世界トップレベルの優秀なロジック
だからこそ一般化されるのを恐れているのかわかりませんが、一般的なFX
自動売買システムではロジックを完全非公開のブラックボックスにしている
ことが珍しくありませんが、レイチェル・ボリンジャーではロジックを全て
公開
しています。

トレンドフォローからの逆張り(押し目買い・戻り売り)という、裁量でも
難しいトレードロジックを採用していますが、損切りを早めに行いながらも
トレード勝率60%以上で勝ち逃げするように工夫されています。

しかし、どれだけロジックが公開されていたとしてもパフォーマンスが悪い
というのであれば全く役に立ちません。

ジャッキー・ボリンジャーは、ここ最近は一進一退の状況が続いていますが
レイチェル・ボリンジャーのほうはどうでしょうか?

バックテストの結果が優秀だったというだけで販売するFX自動売買システム
が珍しくありませんし、フォワードテストも数カ月程度しか行わないという
ケースも少なくありません。

というのも、とりあえずフォワードテストも行ったという成果を出せますし
ロジックにカーブフィティングがかかっていると、フォワードの期間を長く
するほどにお粗末な結果になることが事前に予想されるからです。

しかし、ジャッキー・ボリンジャーは、2014年1年間かけてフォワードを
行い、2004年~2013年までの10年間のバックテストとともに結果が良好

ということで一般公開が決まるというほどに慎重なテストを重ねています。

あなた自身でもデモ口座で検証できますし、取引口座の制限はありませんの
で、プログラムトレードに対してスリッページや約定拒否を行うような悪徳
業者を使わず、決済力の強い優良業者を用いて自動売買をすることが可能

なっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ