Dealing FX

dealingfx

appli03_red

FXでプライスアクショントレードを学ぶ時に、定番とも言えるマニュアルが
Dealing FX」ですが、どのようにして今の地位を築き上げることができた
のでしょうか?

プライスアクショントレードを実践する上で必要な知識である、ダウ理論や
グランビルの法則、ライントレードなどは、それこそ、googleで検索すれば
詳しいところまで調べられますし、(本当なのか分かりませんが)それだけ
あれば十分と豪語する人もいるほどです。

しかし、いくら知識を増やしてもトレードで稼げないことは、あなたが嫌と
いうほど実感しているのではありませんか?

トレード経験によって得た「知恵」が抜け落ちているからです。
知識から知恵に変えるためには、ある程度の量のトレーニングが必要です。

これは頭でっかちになりやすいノウハウコレクターが陥りやすい罠ですが、
この手法はダメだから次の手法といった具合に、つまみ食いのようなことを
繰り返していると、どうしても「知恵」までは身につかないものです。

また、FXで必要となる知識というのは、手法の違いはあれども内容的に共通
する点も少なくありませんから「同じようなことばかり書いてあって新鮮味
に欠ける」
といった本筋からずれた感想が出るようになるわけです。

「Dealing FX」も、個々の要素を取り出してみれば、FX書籍やWebサイトに
書かれていることが少なくありませんが、だからといってブックオフで本を
買えば良いレベルなどと切り捨てるのが不適切なのは、プライスアクション
トレードで稼ぐために必要なノウハウをFX専業トレーダーの塚田哲也さんが
まとめているという点です。

それぞれの知識自体は既に知っていることでも、それをまとめてひとまとめ
にするのは難しいものですし、著作権や特許などでも認められている考え方
ですから問題ありません。

一般的には難しいから素人には向いていないなどとされている裁量判断を、
シンプルにかつ迷いなく行えるようにしているのが「Dealing FX」
ですから
あなたも身につけた知識をトレード経験を通じて高めていく必要はあります
が、信じてついていって全く問題ありません。

【文章を開く】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ