戸建年金塾

kodate

>>公開は終了しました<<

自分年金」などと称して、不動産業者がワンルームマンションを売りつける
手口は今でも続いていますが、ちょっとでも不動産投資の知識があれば、区分
不動産物件のリスクとメリットは理解できていると思います。

その中でも、ワンルームマンション投資が極めて非効率なことはあなたも理解
できているとは思いますが、ワンルームでも複数戸所有すれば一棟買いに近い
感覚で不動産投資に取り組めます。

しかし、共益部分が自由に触れないという点では区分所有の方が不利です。

不動産投資でマンションやアパートの一棟買いが手軽に行えないのは当たり前
の話ですが、取得費用が高額になるからです。

地方の2階建ての中古アパートであれば一棟買いでも都市部の区分所有程度の
値段で購入できますが、入居者がつくかどうかは別の問題ですから安いという
裏には空室対策が難しいというニュアンスも含まれているケースが大半です。

そこで、専業不動産投資家の筒井俊彦さんは、一戸建てを賃貸に出す戸建賃貸
に取り組んだほうがいい
と指摘します。

今でも一戸建て信仰は根強いものがありますし、マンションやアパートなどの
共同住宅と比べてもプライバシーが守られるという点が入居者に対して大きな
メリットです。

その上、首都圏でも郊外に行けば、地域的に特殊な事情があるといった理由が
なくても、一戸建て物件を諸費用を全て込みで500万円以内で購入することは
可能ですから、マンション一棟買いと比べて経済的な負担が少ないだけでなく
ワンルームのような入居者がつかない、損切りしたくても売りづらいといった
リスクが少ないのも戸建賃貸のメリット
なのです。

そこで、6年程度で購入金額を全て回収して、その後は利益を積み重ねていく
という本物の「自分年金」をはじめてみませんか?

筒井さんが、単なるノウハウの販売だけでなく、あなたが戸建てを1戸買える
までサポートするという「戸建賃貸塾」を開講しました。

全くの不動産投資の未経験者でも取り組めるように、基礎知識をマニュアルと
動画で勉強して、筒井さん主催のセミナーで最新知識を習得し、戸建ツアーで
買うかどうかは別にして、実際の物件い触れることで経験値を増やしていくと
いう流れになります。

老朽化した物件のリニューアルも、あなた自身で行うか、業者任せにするかは
別として、DIYの手順も学べますので小規模改修であれば自分で行えるように
なります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ