交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル

jikojidan

appli03_red

交通事故の被害者は怪我をする痛みだけでなく、金銭面など他の面でも痛い
目にあうケースが珍しくありません。

さすがに、加害者が車を傷めたのは被害者がいたからだと言って裁判を行う
といった無茶苦茶なことは滅多にありませんし、仮に裁判所に提訴をしても
門前払いされるのがオチですから心配はありません。

また、加害者がお礼参りのつもりなのか、直接金を巻き上げるために脅しに
来たのか分かりませんが、腹立ちまぎれに被害者を襲うといった、今までの
日本では考えられないようなケースは意外に増えていると聞きます。

そのような加害者による仕打ちに関しては法的に対応するなり、警察に仕事
をしてもらうしかないわけですが、それよりも可能性が高いのが保険会社に
よる理不尽な仕打ち
です。

保険会社が提示する示談金が安すぎる上に、医療費の支払いも無理やり打ち
切ることで、その後の治療費を自己負担にさせようというものです。

どれだけ理不尽で不利な条件だったとしても示談書に印鑑をついてしまえば
あなたが示談条件を認めたことになりますから、あとから考えなおしたいと
いっても法律的にもひっくり返すことは不可能です。

示談交渉ができるのは、当然ながら、示談書に印鑑を付くまでです。

松竹京介さんは新婚旅行の最中に交通事故にあって両足を失っただけでなく
保険会社に理不尽な対応にも怒りが絶えなかったと当時を振り返りますが、
6年間にもわたって徹底的に戦い続けた結果、示談交渉の正しい仕方を知る
ことができただけでなく、満足できるだけの金額を手に入れた
といいます。

この正しい示談交渉の仕方を、ああたの場合でも役立てられるようにと松竹
さんが「交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル」を作成しました。

単なる交渉ノウハウだけでなく、交通事故の被害者のベテランなんていうの
は「当たり屋」ぐらいですから、あなたをふくめた大多数が、初めての交通
事故で「いろいろわからない事が多い」状態のまま、保険会社にいいように
騙されているのが実態です。

そこで、「交通事故の示談交渉【極秘】裏マニュアル」では当たり屋は当然
のこと、保険会社も当然知っている示談交渉の全知識も公開されていますし
交通事故専門の行政書士への電話相談もついていますから安心ですね。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ