FXライントレードマスタースクール

fxline

appli03_red

FXライントレードは、レジスタンスラインとサポートラインの水平線だけを
使うのであれば比較的わかりやすいとしても、トレンドラインを使うとなる
と、途端に難しく感じるのではないでしょうか。

トレンドラインは、山同士・谷同士を直線で引くわけですから、単純明快で
わかりやすく、過去チャートだと、既に答えが出ているようなものですから
簡単にトレンドラインを引けますよね。

しかし、ライブチャートでトレンドラインを引く際に、全くトレンドライン
通りに相場が動かない
といったケースも珍しくありません。

あなたも今までに経験したことがあるかもしれませんね。
だからこそライントレードは難しいという印象を持ったのではないでしょう
か?

トレンドラインの引き方一つでラインブレイクの判断が変わってきますから
トレード成績にも直結してくるだけに非常に厄介な問題なわけです。

また、レンジ相場の上下であるとか、過去の抵抗線とみられる高値・安値に
レジサポラインを引いたとしても、多くの場合では間違いではありませんが
必ずしも全ての場合で正解だとは限らないという点にも注意が必要です。

「ダマシ」の存在があるからです。

FX-Jinさんはライントレードを習得することで、トレードが安定するといい
ますが、金融危機やテロ、大災害などを原因とした予測不能な暴騰・暴落は
別としても、FXで大半の割合を占める、想定可能な範囲内における値動きに
おいてはライントレードを用いたプライスアクションだけで対応可能です。

しかし、ライントレードについて学ぼうと思っても、FX入門書では数ページ
程度ですし、都合の良い過去のチャートだけを集めてきて、あなたも何度も
見てきたようなラインの引き方が説明されているだけといったケースが大半
ですから、これでは実力アップにつながりません。

とはいえ、ライブチャートでがむしゃらにレジサポラインやトレンドライン
を引き続けていれば上達できるかというと、センスのいい人であれば可能だ
と思いますが、凡人には難しい
でしょう。

作業途中で飽きるか、更に良い方法があるのではといった邪念に支配されて
挫折するといったところがオチだと思います。

そこで役立つのが「FXライントレードマスタースクール」です。

FX-Jinさんがライントレードを体系化するために構築した3種類のトレード
理論と、同じく3種類のトレードロジックを用いることで安定的にトレード
で稼げるようになります。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ