借金体質改善プロジェクトDCI

dci

>>公開は終了しました<<

借金を返せなくなったら自己破産すればいい

このように書かれた書籍も少なくありませんし、弁護士や司法書士などに
資金繰りの悩みについて相談しても、同じような返事がかえってくること
でしょう。

あなたも当然の常識であるかのように思っているのではないでしょうか?

しかし、すべての場合で自己破産をするのが唯一の大正解とは限らない
いう点に注意が必要です。

カードローンなどの高金利での借金を返済し続けてきたというのであれば
過払い請求をすることで、自己破産をしなくても借金が一掃できるだけで
なく、少なくない金額の「ボーナス」が入ってくるかもしれません。

自己破産をしても裁判所の玄関前にある掲示板や官報などに氏名が掲載を
されるだけだから実害はないといった説明をする書籍が少なくありません
が、自己破産の後には新たな借金ができなくなるというマイナス要因は、
意外な盲点になりがち
です。

離婚・再婚で姓を変えて本籍を変更したり、背乗りや通名を活用すれば、
自己破産記録をバレないようにもみ消すこともできますが、マイナンバー
が始まれば、いくら戸籍を弄ったところで逃れられませんから無駄な努力
でしかありません。

そんな不毛な努力をするくらいであれば、「借金」について正しい知識を
身につけて、必要以上に恐れることなく正しい対応ができるようになる事
が重要
だと指摘をするのは、ファイナンシャルプランナーの堀越ひろゆき
さんです。

個人レベルでお金が返せなくなった時に、他の金融機関からお金を借りて
返済するといった自転車操業をする人が少なくありませんが、借金の知識
を持っていれば、このような愚かなことをして、借金を「雪だるま式」に
膨らませる必要がないことは簡単にわかると思います。

それよりも、貸主に正直に「お金が返せません」と言って交渉したほうが
あなたにとって良い結果になるケースがほとんどですし、自己破産をする
必要もなくなりますから、手元の資産が奪われることも多くのケースでは
ありません。

それでは、具体的には何をすればいいのでしょうか?
借金体質改善プロジェクトDCI」で堀越さんが具体的に説明しています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ