プラスOP 日経225先物オプション サヤ取り

p-op-it

appli03_red

現物株や日経平均ETF、日経225先物などの「リスクヘッジ」として、日経
225オプションのポジションを持つというのは機関投資家であれば珍しくも
ない光景ですし、個人投資家でも実践している人は少なくありません。

しかし、日経225先物と日経225オプションとでペアトレードというのは、
何とも珍しいのではないでしょうか?

元となる日経平均が暴落続きの状況だと相関関係が崩れてしまうため、思い
通りのペアトレードが行えなくなりますが、一般のニュースで注目されない
時期の日常的な値動きの範囲内においては高い効果
が得られるとMKW225
研究所
が明らかにしました。

とはいえ、日経225先物の場合には、「売り」「買い」以外に直近の限月分
の取引を選択する程度ですが、日経225オプションの場合は限月だけでなく
「コール」「プット」それぞれの売り・買いがありますし、それぞれ価格も
ありますから、選択肢が大量に存在します。

いったい、どうやってペアトレードをすればいいのかと頭を悩ませるのでは
ないでしょうか。

MKW225研究所が独自開発した「黄金比」を用いれば適切なペアを組めると
いうのですが、「プラスOP 日経225先物オプション サヤ取り」を見れば
具体的なトレードイメージが把握できます。

特に重要なのが「黄金比」です。
適当に資金が合うように、つじつま合わせでポジションを組み合わせただけ
では利益がでないことも珍しくありません。

どのように組み合わせるかが、このペアトレードにおけるキモなのです。

【文章を開く】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ