副業サラリーマン必見!お金が手に入る裏節税マニュアル

tax

appli03_red

会社員は基本的には確定申告をする必要がありません。
会社が税務署に代わってすべての手続を済ませるからです。

しかし、面倒臭い手続きをしなくて済むから楽だと言って喜ぶのは頭の中が
オメデタイ人だけであって、自営業者が好き放題やっている節税が会社員と
いうだけで何一つできないという不満
を抱くのではないでしょうか。

それだったら、サラリーマンをやめて自営業者になればいいじゃないかなど
と逆切れする人がいるのですが、揃いも揃ってキレ気味に指摘をするのかは
意味不明だとしても、成功できる見込みもないのにサラリーマンをやめると
いうのは自殺行為です。

普通に働くだけで過労死をするようなブラック企業は別として、特に雇用に
関しては法律的に手厚く保護されている正社員が辞める必要はないと考える
のが自然でしょう。

それではサラリーマンは節税を諦めるしか無いのかと思うかもしれませんが
節税アドバイザーでファイナンシャルプランナーの平田健二さんは兼業農家
ならぬ兼業サラリーマンになればいいとアドバイスをします。

それだったら副業で稼いだ分だけ納税額が増えるじゃないかと思うかもしれ
ませんが、逆にそれだけ稼げるだけの自信があるのかと聞きたいですね。

別に、あなたを怒らせるために質問しているのではなく、副業で損をしたら
何のためにやっているのか意味が分からないわけですから、稼いだ時の事を
考えるのは当然ですが、仮に副業で損をしても、あなたは最終的には得する
場合のほうが多い
と言ったら驚くかもしれませんね。

実際、アフィリやせどりなどでも支出ばかりがかさんで損が出るからやめた
という人がほとんどですし、あなたも失敗したことがあると思います。

その損失額を有効活用すれば、あなたがサラリーマンとして強制的に徴集を
された税金を「取り戻す」ことができる
のです。

これが「ヒラタミクス」の全貌といったら失笑しか出てこないと思いますが
確定申告をするだけで簡単に実現できますから、あなたも3月15日までに
出してみませんか?

1回だけ提出する必要のある開業届も一緒に出せば、全ての手続きは1回で
終わります。

確定申告をした半分以上の人が税金を取り戻しているという現実があります
から、税務署に睨まれるといった妄想に怯える心配は一切ありません。

具体的な手順は、副業サラリーマン必見!お金が手に入る裏節税マニュアル
を見てください。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ