事業再生マニュアル

saisei

appli03_red

開業して以降、1円も借りることなく現金主義で無借金で成長し続けてきた
という人や会社もいるでしょうが、無借金経営が可能な業種と不可能な業種
に分かれることは事実です。

特に決済毎の金額が大きくなりがちな業種であれば、運転資金がショートを
しないように、資金の流れに一時的な支障をきたしても影響が出ないように
融資枠や融資を金融機関から受けていることが一般的です。

しかし、経営不振などの影響で、融資が膨らんで入金が減少するという状況
が続いてくると資金繰りが苦しくなるだけでなく倒産破産と言った言葉も
現実味を感じるようになってくるものです。

バブル景気の頃でも倒産企業数は0ではないどころか、相当数の企業が倒産
していましたから、景気状況にかかわりなく常に倒産リスクというのは存在
している
わけです。

個人事業主や零細企業であれば、経営者自身が借金に対して無限責任を追う
融資契約になっていることも珍しくありませんから、それこそ、自己破産を
しても借金からは逃れられず(法律的にはおかしな話ですが現実に存在する
話)に自殺するケースもあるわけです。

あなたも資金繰りに四苦八苦していませんか?

事業再生コンサルタントで事業再生士補の瀬間隆司さんは、零細企業や個人
事業主であっても倒産回避や事業再生の世界で用いる手法を活用すれば債務
カット等で身軽になって復活することは可能
だと指摘をします。

しかし、残念なことに、身近な専門家である税理士の先生の大半は知らない
ことですし、経営コンサルも「専門外」ということで相手にされないことが
多いのです。

ハゲタカ連中が、あなたの会社や事業を食いものにするために接近してくる
程度でしょう。

そこで、瀬間さんが作成した自宅などで好きな時に読んで学べる「事業再生
マニュアル
」が役立ちます。

借金について徹底的に勉強することで、不安感や恐怖感に悩まされることも
なくなり、冷静に対処できるようになるのです。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ