株式投資 デイトレード・マスタースクール

daymaster

appli03_red

株式トレードの王道はバイアンドホールド
だという人が少なくありませんが、FXや日経225先物などのように短期間で
売買を繰り返してもいいのです。

しかし、FXでは主要通貨ペアでトレードをしていれば、それほど選択肢に
悩むことはありませんし、日経225先物であればラージかミニかという程度
で選択肢は全くありません。

その一方、旧大証から移管された銘柄を含めて東証に上場されている銘柄は
JASDAQ・マザーズも含めて3000以上あるわけですから、ほとんど取引が
ない銘柄は除外するとしても、その選択肢の多さに頭を悩ませるものです。

このため、デイトレード・マスタースクールでは、株式取引が行われている
時間よりも、むしろ株式取引の準備段階の方を重視
します。

上昇率ランキングから銘柄を選んでいるようでは、株価の上昇余地が少なく
なっていることもあって既に手遅れな場合も珍しくないのです。

それよりも上昇しそうな銘柄を事前に調べておいて、前場寄付でエントリー
しておいて、実際に株価が上昇してから利益確定することがデイトレードで
利益を出し続けるために欠かせません。

株式デイトレードというのは、値動きが軽い銘柄を1日で売買するわけです
から、少しでも早い段階でエントリーする必要があります。

また、FXや先物などのようにスキャルピングをする感覚で1分足チャートや
ティックチャートを表示しないとデイトレードでは稼げないという思い込み
がつきものですが、デイトレード・マスタースクールでは他にも使います。

そもそも、株式デイトレードでは短時間足チャートだけでは不十分であり、
中長期のトレンドを把握するため日足チャートを使いますが、株式以外には
先物でしか見かけない「板情報」も併用するのがポイントです。

デイトレードだけに限った話ではなく、株式投資では板情報を見ないと適切
なトレードが出来ないといっても過言ではありません。

デイトレード・マスタースクールは学べるチャンスが少ない板情報の正しい
使い方を徹底的に説明しており、他のトレードを行う場合にも役立ちます。

【文章を開く】

サブコンテンツ
あわせて読みたいブログパーツ
  • SEOブログパーツ

このページの先頭へ