上野ひでのりのサヤ取りトレーダーズアカデミー

uenosaya

>>公開は終了しました<<

サヤ取りなんて資金効率が悪いからやめた方がいい
という話を聞くことが少なくありません。

ペアトレードは稼げると言ったところで収益率は低いのだから、それこそ
普通に片掛けトレードをしている方が稼げるというわけです。

同じ時間を費やして、運用資金をリスクに晒すわけですから短時間で効率
よく稼げる方が良いことはいうまでもなく、銘柄は異なるとしても両建て
しているような状況になるわけであり、損切りできない負け組そのもので
あって、勝ち組トレーダーが持つマインドではないと断じる人もいるほど
です。

しかし、利益率という観点だけが「唯一の評価基準」ではないというのが
株式投資だけに限らず資産運用全般に言えるポイントである事は忘れては
いけません。

もちろん、トレード勝率などを基準にするとコツコツドカンになる恐れが
ありますから論外だとしても、利益率は犠牲にしてもリスクを下げること
で安定運用を目指すという考え方までを否定するのはおかしな話
です。

あなたが、このようなことを考えて株式サヤ取りトレードをしようと思う
のであれば、資金効率や利益率、両建てなどといった雑音に振り回される
必要はありません。

さて、株式でサヤ取りをするためには値動きの似通った銘柄を2種類探す
必要があるわけですが、信用口座でも空売りができるのは貸借銘柄だけに
限られますから選択肢は意外に狭くなりがち
です。

同じ業種の異なる銘柄というのはサヤ取りの定番ですが、サヤ取り潰しを
狙う機関投資家が仕掛けることも珍しくありませんから、相関関係が全く
見られなくなっているケースも少なくありません。

サヤ取り向けの銘柄のペアを見つけるツールもありますし、Excelなどで
相関関係を計算して見つけ出すというトレーダーもいますが、数学が苦手
だと簡単にはいかないのではないでしょうか。

そこで役立つのが「上野ひでのりのサヤ取りトレーダーズアカデミー」と
いうわけです。

独自のサヤ取りトレード手法を構築した上野ひでのりさんが動画を用いて
3ヶ月間のカリキュラムで教える在宅講座です。

通常のサヤ取りトレードで行う「銘柄間の価格差」に注目するのではなく
「銘柄間の価格比」に着目することで、完璧な売買両建てのリスクヘッジ
を可能
にしました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ