One Minute’s FX

1minfx

appli03_red

投資系商材を何ヶ月も追跡してきた経験があれば、すぐにわかるとは思います
が、粗悪なトレード手法やシステムが中長期にわたって公開し続けるような事
はなく、短期間で販売中止・終了に追い込まれることが大半
です。

コレに関しても、トレードチャンスは非常に少なく裁量判断が多いという点で
レビューサイトでは極めて不評ですが、これで稼げた人もいるとは聞きますの
で、評価としては苦しいところですが、全くの「デタラメな詐欺」だと断言を
するには難しい面もあるかもしれませんね。

One Minute’s FX」は2013年年末に公開されたと記憶していますが、直訳
すれば「1分FX」となりますが、バイナリーオプションの60セカンズのように
1分間でトレードを完結させるのではなく、1分足チャートを用いてトレードを
行うスキャルピング手法です。

今まで長期間にわたって安定的に人気を維持できていたのは、シンプルに稼ぐ
ことができる、わかりやすいトレード手法
にあります。

逆方向に進んだ時に段階的にナンピンマーチンゲールを仕掛けるという手順も
説明されていますが、それこそ、ナンピンで資金をふっ飛ばした経験があれば
トラウマになっているでしょうから、あくまでもオプション扱いです。

ナンピン・マーチンゲールをやれと強制しているわけではありません。
なぜか、故意に誤読して貶めているレビューサイトがありましたので強調して
おきました。

One Minute’s FXのポイントとしては「逆張りを狙う」という点です。

逆張りの場合、エントリーポイントの近辺で相場が反転してくれたら、大きく
値が動くことが一般的ですから短時間でも大きく稼ぐことができる一方、予想
通りに相場が動かなかった場合は、順張りと比べて損失が大きくなりやすいと
いう問題点があります。

そこで、相場の転換点をしっかりと狙うことが重要ですが、それこそ「言うは
易く行うは難し
」の典型例ですから、あなたも過去に失敗した経験があるかも
しれませんね。

一般的には、ボリンジャーバンドにタッチしたら逆張りのエントリーポイント
になりますが、ダマシも少なくありませんし成功率もイマイチです。

「One Minute’s FX」で用いるインジケータは1種類だけであり、一見すると、
それこそボリンジャーバンドのように見えますが、実態は全く異なる計算式を
用いて導き出された、まったく異なるテクニカル指標
です。

実際にやってみましたが、トレードチャンスが少ないので複数の通貨ペアでの
監視が必要だとしても、トレード手法自体は本当に稼げたので逆にびっくりと
いったら失礼かもしれませんが、なんとも微妙な気分になったのは事実です。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ