C TRADE

c-trade

>>公開は終了しました<<

押し目買い」や「戻り売り」というのは、大きなトレンドの中での逆張りを
狙っていくわけですから、単純なトレンドフォローと比べて難しく感じる人は
少なくありません。

高値づかみをした挙句、そこが天井だったことから値崩れが起こって含み損が
増え続け、ようやく損切りをする決断をして決済したら、そこが相場の底だと
言った具合に、負けトレードの典型例のような結果を誰しも一度はしたことが
あると思います。

あなたも過去に経験したことがあるのではないでしょうか。

「逆張り」という点に着目して、押し目買いや戻り売りは危険だから初心者の
段階ではやってはいけないなどと指導するFXトレーダーもいるほどです。

しかし、FX専業トレーダーのイケダユウタロウ池田勇太郎)さんは、各通貨
における相関関係を理解できれば、押し目買いや戻り売りで利益を出すことは
非常に楽になる
と指摘をします。

通貨相関を見れば通貨ペアの強弱がわかりますが、時間軸によって強弱の関係
が入れかわることは決して珍しくありません。

だからこそ、押し目買いや戻り売りが可能なのです。

複数の時間足のチャートを見るというのはFXトレードでは常識ですがトレンド
フォローで使うのには慣れていたとしても、押し目買いや戻り売りでの使い方
には自信が無かったり、うまく使いこなせずに悩んでいる
かもしれませんね。

そこで役立つのが、池田さんが考案した「C TRADE」です。
「しぃトレード」でもなければ「志位トレード」でもありませんよ。

correlation-trade」の略で「C TRADE」です。

インジケータは上にあるように一目均衡表の雲と通貨相関の2種類のみです。
トレードする時間足と一つ上の時間足の一目均衡表の雲が表示されます。

複数の時間足のチャートを並べて表示させなくても全体的なトレンドが見える
ようになりますからノートパソコンなどでトレードをしている人には役立つと
言えるでしょう。

インジケータと同様にトレードルールもシンプルです。
押し目買いと戻り売りに特化していることから、わかりやすくなっています。

サブコンテンツ

このページの先頭へ