任売物件取得セミナー

ninbai

appli03_red

「競売物件」と「任売物件」は、株式とFXの違いと同じようなものです。

競売物件が裁判所が行う「取引所取引」で落札する一方で、任売物件は「相対
取引」ですからライバルの数は少ないですが、交渉がまとまらなければ購入は
できません。

この交渉が面倒だからということで、任売物件をさける不動産投資家が少なく
ありませんし、そもそも、任売物件は競売物件のように事前に案件情報が手に
入りにくいこともあって、特にサラリーマン大家さんにとっては情報収集だけ
でも一苦労というのが実情です。

しかし、任売物件の場合は不動産仲介業者が間に入ることが一般的ですから、
仲介業者や金融機関とコネクションを作っておけば、担当者から随時おいしい
物件を教えてくれることがあります
し、任売物件を扱う業者のWebサイトなど
で物件一覧を掲載している場合もありますので、こまめに動く必要はあります
が、競売よりも物件が手に入るチャンスは広がります。

また、購入価格という点では、競売よりも任売のほうがコストが高くなりがち
ですが、任売物件では売却直前まで居住者がいることが多く、物件がきれいな
ことが多いために改装費用などを抑えられることが少なくありません。

競売物件だと内装が荒れ果てていることが大半ですから、リニューアル費用が
バカにならないケースが多いことを考えると、トータルでの出費はケースバイ
ケースではありますが、全般的にはトントンということが多いようです。

ライバルが皆無、いたとしても1人か2人程度ですから、競売と比べてゆっくり
交渉できるというのは、任売のマイナス要素のように思えてプラス要素だとも
言えるわけです。

任売物件でも、少し探せば市場価格の半額程度で購入できますから、そのまま
転売すれば丸儲けですし、物件によっては賃貸に出して家賃報酬を得てもいい

でしょう。

その具体的なノウハウを任売物件のプロフェッショナルが講師となって教える
任売物件取得セミナーの模様を収録したDVDが公開されています。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ