さや取り達人

sayatori

>>公開は終了しました<<

サヤ取り」はアービトラージやペアトレードなどとも呼ばれますが、一部
トレーダーからは極めて評価の悪いトレード手法です。

その理由は簡単であって、

  • 資金効率が悪い
  • 損切りを先送りするだけの無能トレードの典型
  • 利益確定だけを先にして損切りを先送りにする傾向がある
  • 薄利で労力をかけるだけのメリットがない
  • コツコツドカンになる光景しか予測できない
  • ペアトレードなんて机上の空論

といったところが代表的な理由でしょうか。

ブックメーカーのアービトラージが短期間で尻すぼみになったのは、ペアが
ブックメーカー側の規制などでサヤ取りができるペアが見つからなくなった
のが最大の理由でした。

そんな下らないことに無駄な労力を費やすのであれば、片掛で稼げるように
したほうがいいというわけですが、株式市場の値動き自体に一喜一憂をする
必要がなくなる
という点にメリットを感じる人は少なくないものです。

あなたがサヤ取りトレードに否定的であれば、そもそも好き好んで本ページ
を見ることもないでしょうから、ある程度の興味を持っているという前提で
話を進めていきますが、相関関係の大きな銘柄のペアを見つけることがペア
トレードにおいて重要
なことは、あなたもすでに知っていると思います。

そこで、各銘柄間の相関係数を計算し、相関係数の高い銘柄ペアでサヤ取り
すればいいわけですが、東証と大証の合併によって、東証だけでも1900社弱
存在します。

もちろん、その中で空売りできない銘柄は対象外になりますから実質的には
貸借銘柄である1000銘柄強が対象ですが、それでも100万弱の組み合わせ
から相関関係の高いペアを見つけ出す必要があります。

100万通り程度であれば簡単なプログラムを作成して、コンピュータ処理を
行えば簡単に行えます。
プログラム言語を一つでも知っていれば作成できると思います。

また、プログラムがかけない人でもExcelやOpenOfficeなどを使えば簡単に
作成できますが、手間がかかることは言うまでもありません。

そこで役立つのが「さや取り達人」です。

自動的にサヤ取りできる銘柄のペアを一覧表示するだけでなく、エントリー
後の利益確定・損切りもひと目でわかりますので、売買注文は自動ではない
としても、それ以外は自動化できる
と言っても過言ではありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ