海外法人徹底活用マニュアル

kghojin

>>公開は終了しました<<

あなたが日本国籍を抹消して、どこか別の国の国籍を取得しているというので
あれば、完全な外国人扱いですから、日本に「旅行」に来た時に消費税を払う
程度(消費税免税制度あり)であって、日本国内に不動産や株式などの資産が
なければ、日本の税金制度に振り回される心配はありません。

また、日本国籍を残したままの状態でも、日本にほとんど帰らない海外生活を
続けていたり、それこそ、パーペチュアル・トラベラーであれば世界中の納税
義務から逃れる生活をしているようなものですから、節税以前に納税すら嫌だ
といったところでしょう。

しかし、日本国籍で日本国内に在住しており、海外投資をしていると税金から
逃れようがないかといったら、必ずしも正しくない
と指摘をするのは世界各地
でビジネスや投資を行っているチャーリー・タカさんです。

海外法人を設立して有効活用すれば、日本の税務署や国税庁マルサから追跡を
受けることなく節税できるからだと指摘します。

国によっては、個人では不動産物件が購入できず、法人化することが前提だと
いうケースもありますし、相続や事業で失敗した時などに、海外法人に資産を
残すことで、合法的に回収を免れることができる場合もあるのです。

もちろん、日本国内の税務当局から逃れられたとしても、海外の税務当局から
徴税される金額が日本よりも大きいというのであれば、本末転倒もいいところ
ですから、それこそ適材適所でトータルでの納税額を最小化するスキーム作り
が欠かせません。

適切なスキームを構築するためには、日本だけでなく世界各地の法的スキーム
を知り尽くした上で最適化する必要があることから、個人ではハードルが高い
と感じるのではないでしょうか。

税務や法律の専門家に依頼するのもひとつの方法ですが、無知なコンサルなど
に頼んでしまうと大失敗に終わるだけでなく、身ぐるみ剥がされる結果にある
場合がありますので、人選は非常に重要です。

やはり、正しい知識を身につけて、細かな点は専門家に任せるとして大局的に
あなた自身が適切な判断ができるようになる必要がある
わけです。

そこで役立つのが「海外法人徹底活用マニュアル」です。

いろいろと検討した結果、海外法人は必要なかったという結論に達したとして
も、また必要になる場合も出てくるかもしれませんし、海外法人という選択肢
を知らなかった時と比べて有利な場合も今後出てくるかもしれません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ