住宅見積書完全攻略ガイド

mitumori

>>公開は終了しました<<

不動産投資家であれば何度も見ることがあるかもしれませんが、マイホーム
購入しか不動産に関わる取引をする予定がないというのであれば住宅見積書
を見るチャンスは一生に1回というケースがほとんどでしょう。

それなりに項目が並んでいますが、本当に適切な価格なのか判断できない
いう人は少なくありません。

あなたも、その一人ではないでしょうか。

もちろん、単純に値段が安ければいいというわけではなく、安全性を犠牲に
してダンピングする業者に任せてしまい、欠陥住宅を建てられたら、とても
じゃないですが、たまったもんじゃありません。

一般論として、複数の業者に見積もりをとって比較したり、他の建築士など
にセカンドオピニオンを求めて、不適切な項目や費用などを指摘してもらい
改善を求める
といった流れになります。

しかし、今後の仕事に差支えが出るなどの理由で、無駄に建築会社に喧嘩を
売りたくないという建築士も少なくありませんから、セカンドオピニオンが
全く機能しないというケースもあるわけです。

もちろん、建築士全員が大政翼賛的に業界の常識に従って買い主をダマシに
かかるなどというつもりはありませんが、あなたの味方になってくれる人を
見つけられるかどうかによって決まるというのも運任せのようで嫌ではあり
ませんか?

そこで、建築会社で営業マンをしていた経験を持つというファイナンシャル
プランナーの白坂大介さんと、同じファイナンシャルプランナーで2級建築
士の古川治さんが、あなたが自力でも住宅見積書が適正な内容であるかどう
かを判断するためのポイントをまとめたマニュアルを作成しました。

それが「住宅見積書完全攻略ガイド」です。

住宅見積書の見方の説明だけでなく、住宅建築会社との商談の進め方や将来
の資金繰りで破綻することがないように、無理な資金計画になっていないか
をチェックするための手順など、具体的でわかりやすい内容です。

サブコンテンツ

このページの先頭へ