アルケミーFX

alchemy

>>公開は終了しました<<

FXでアービトラージというと、あなたは何を思い浮かべますか?

ブックメーカーのように相対取引によって生じるブローカー間の提示レートの
違いを巧みに突いて差額で稼ぐといったイメージかもしれませんし、株式など
でお馴染みのサヤ取り(ペアトレード)などを連想したかもしれませんね。

アルケミーFXでは、ドル円と日経225先物とでアービトラージを仕掛けます。

為替が円安になれば日経平均株価は上昇するといった具合に基本的な相関関係
がFXと日経225先物の間にあるわけですが、当然ながら一時的には相関関係が
壊れるケースも出てきます。

壊れたまま放置されるのではなく、元の相関関係に戻ろうとする動きが必ずと
いっていいほど起こりますので、アルケミーFXでは相場の歪みが生じた段階で
エントリーを行い、正常化した後に決済することで安定的に稼いでいきます。

為替と株式・先物の相関関係が崩壊するケースというのは、世界的な日米間の
関係が根本的に変わった時ですから、日本がアメリカを切り捨てて中国と運命
共同体になるといった大胆な方針転換でも起こったり、日本がデフォルトする
といったケースでも起こらない限りは考えにくい状況です。

もちろん、政治や経済で「まさか」は珍しくありませんから、絶対にないとは
言えませんが、現状では考えにくいというところでしょう。

このため、FX口座と先物口座の解説が必要になりますが、一つの証券会社でも
対応できるところがありますし、それぞれ異なるブローカーで取引しても全く
問題ありません。

一部の自動売買システムのように取引業者の制限はありませんが、売買注文は
あなたが出す必要があります
のでトレードチャンスになった時に売買ができる
状況になっている必要があります。

エントリー後は、チャートを監視できる状況であればルールに従ってクローズ
すればいいですし、無理だというのであればアルケミーFXが設定した決済条件
に従って予約注文を入れておけばOKです。

その結果、トレードタイミングや取引業者の違いによって運用成績が変わって
きますし、決済に関しても人によって変わりますから、誰がやっても同じ結果
というわけにはいきません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ