今から勝つための不動産投資の教科書「正しい最初の一歩」編

katutame

appli03_red

日本国内での不動産投資は、中長期的にはマイナスでしか無いという考え方が
一般的です。

2020年問題」などとして不動産業界でも深刻視されています。
その理由は簡単で、人口減少社会に入ったために需要が減るからです。

今後、急激に出生率が回復したり、国益や善悪については本筋から外れますの
で割愛しますが、大量の移民を受け入れるなどして人口が増えなければ不動産
物件に対する需要が減り続けることが確実視されています。

将来的に「負け組」になることが現時点で明らかになっているのに、わざわざ
不動産投資を始めるというのは、お金をドブに捨てるだけの自殺行為
だという
わけです。

しかし、その一方で人口減少の被害を受けるのは地方が中心であって、東京や
大阪などの大都市では集積が更に進むので、日本国内が全滅するわけではない
といった考え方もあるわけです。

地方創生などといった茶番劇は何の役にもたたず、地方ではさらに衰退が進む
一方で、都市部は繁栄が続くといった可能性もありますし、チャイナマネーが
都市部の不動産物件を買い占めているという現実もありますから、外国人買い
によって物件価格の崩壊は防げるのではないかという意見もあります。

未来のことは分からないから情報収集を一切しないというのもひとつの考え方
ですが、あなたが不動産投資を始めたいと思っているのであれば、こちらこそ
自殺行為だといえるのではないでしょうか。

あなたが不動産投資をこれから始めようと考えているのであれば、情報収集を
はじめとして、物件探しから金融機関から不足資金を調達する方法、物件取得
後に空室を出さないようにするための運営方法など、知りたいことが幾らでも
出てくると思います。

そこで役立つのが、不動産ビジネスに携わって24年という星龍一郎さんが作成
した、今から勝つための不動産投資の教科書「正しい最初の一歩」編です。

星さんは500億円規模の不動産ファンドマネージャーの実績もあれば、数多く
の不動産投資家に的確なアドバイスをしてきた経験があります。

星さんのことを「不動産投資迷子救済専門家」と呼ぶ人もいるほどです。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ