渋谷高雄株式投資大百科

sibuya

>>公開は終了しました<<

世の中には数多くのトレード手法やトレードシステムがありますが、手を変え
品を変え、自らこそが素晴らしいものだとアピール
しているものです。

もっとゲスな言い方をすれば、中身は不良品だけどよく見せかけるために努力
したので勘違いさせてでも買わせるといったケースも、投資系では珍しくあり
ません。

このような粗悪品は、バレないうちに短期間で販売終了することが珍しくあり
ませんので、サポート体制の都合などで販売を停止して、その後、販売を再開
するといったものでもなければ、最初から販売終了日を設定しているものは、
余程の理由がなければスルーしたほうが無難です。

逆に言えば、ロングセラーを続けるトレード手法やトレードシステムというの
は、相当な人々が実践して結果を残しているわけですから、レビューも相当数
蓄積していますし、高い・低いをあわせて評価も数多く出てきます。

他の商品を売るために、でっち上げでもいいので「詐欺」「悪徳」などという
言葉を並べて天邪鬼的に評価をねじ曲げるレビューサイト(のようなもの)は
無視するとしても、スキャルが嫌いな人であれば全般的にスキャル系は低評価
になりますし、スイングが嫌いな人であれば・・・などと言う具合にレビュー
サイトによって違いが出るのは当然です。

人間心理の本性からして「見たいものしか見ない」という傾向がありますから
無意識のうちに罠にはまってしまうと、レビュアーによって評価が変わるのは
当然です。

渋谷高雄株式投資大百科」に関しても株式投資自体をギャンブルでイカサマ
だと考える人からすれば、借金地獄に落ちるだけの悪徳商材であって、渋谷と
いう男は信用出来ない、詐欺師だと言った具合に結論づけると思います。

別の目的があって言っている人もいれば、単に好き嫌いで言っている人もいる
とは思いますが、実際のところは、マインドの問題も大きいのです。

渋谷高雄株式投資大百科自体はロングセラーの株式トレード手法ですし、評価
自体も高評価・低評価ときれいに分かれていますので、悪徳商品ではないこと
だけは確か
です。

あとは、あなたとの相性によるのではないでしょうか。

渋谷高雄株式投資大百科のトレード手法やリスク管理に関して、損切りは早め
利益は徹底的に伸ばすというトレードスタイルですから、トレード勝率だけを
みれば低くなるのは当然としても、利大損小を実現しています。

どんな相場でも損失を出さずに確実に収益を増やしていくためには欠かせない
能力と言えるかもしれませんが、スイングトレードは待ちが多くて嫌いだとか
ポジションを持ち続けるのがリスクだと考えるのであれば不向きです。

サブコンテンツ

このページの先頭へ