せどりに特化した税金セミナー

sedotax

appli03_red

あなたは、せどりの個々の取引について、どのように入金してもらっています
か?

amazonであればAmazonペイメントが一括して入金しますし、ヤフオクでは
落札者が取引ごとに入金する形になるといった具合に違いはありますが、一般
的には、指定した銀行口座に振り込まれる形になると思います。

この銀行口座の動きを税務署が追いかければ、amazonやヤフオクなどを使う
ことなく転売ビジネスで稼いでいる人でも簡単に脱税しているかどうかを判断
できる
といったら、思わずギクッと思ったかもしれませんね。

もちろん、ヤフオクやamazonの売買記録も税務署は追いかけますから、両者を
つきあわせれば、たとえ確定申告を済ませていても正しく税務申告が行われて
いるかを簡単に判断できます。

無申告であっても簡単にバレることがわかると思います。

全国各地で開催されるフリマなどに参加して、全て手渡しで取引が完了すると
いうのであれば税務署も税務調査で追いかけにくいのですが、思ったほどには
出品できませんし資金効率も悪いことから、せどらー向きではありません。

結論としては、しっかりと確定申告をしましょうという結論になるわけですが
売上だけを計上して確定申告完了とやってしまうと、本来、合法的に節税する
ことができるのにも関わらず、無駄な税金を支払う結果になりかねません。

あなたが怠け者の公務員どもに高額の給料を支払いたくないとか、いらぬ内外
憂慮を国内に招くような無能政治家のために税金を使われたくないと思うので
あれば、可能な限り合法的に節税しなければいけません。

しかし、税務署も警察などと同じように「公営ヤクザ」と呼ばれるように強引
な屁理屈と難癖で、申告漏れや脱税などと指摘を行って税金を巻き上げようと
しますから、合法であることを説明できる理論武装も欠かせません。

せどりビジネスでの利益が個人商店レベルの金額であれば、それこそ専門家で
ある税理士(せどりに強い税理士がベスト)に丸投げしたほうが安心・安全と
言えますが、そこまで稼げていなければ税務署からの指摘も厳しくないケース
がほとんどですから、正しい知識を持って節税すれば十分です。

そこで役立つのが、せどりに特化した税金セミナーです。
自宅で好きな時に受講できる動画セミナーです。

ネットビジネスやせどり・転売の税務処理に強みを持つ、ベンチャーサポート
税理士法人の森健太郎税理士が講師となって、3時間で税金や確定申告の仕組み
から具体的な節税策まで徹底的に解説します。

税務署や国税庁と戦う「税理士」の見つけ方なんて、意味はわかりませんが、
なんとなくワクワクしてきませんか?

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ