日経225オプション暴落暴騰予測型投資法

225option

>>公開は終了しました<<

2016年に入ってからの大暴落を経験すると「日経225オプション暴落暴騰
予測型投資法」を知っているかどうかの違いで、億単位で収入格差が出て
いる
といっても過言ではありません。

「日経225オプション暴落暴騰予測型投資法」ではプットもしくはコールの
「買い」しか行いません
ので、最悪の場合でも購入金額までの損失に限定を
されますが、あなたもすでに知っているように「買い」で稼げるチャンスは
1割程度と低めです。

このため、やみくもに買い注文を出したところで、お金をドブに捨てる結果
になりかねませんから、「買い」がトレードチャンスとなる225先物の暴騰
・暴落間近を狙って先回りする
わけです。

しかし、近日中に日経平均株価が暴騰・暴落することが事前にわかるもので
しょうか?
そんなことが前もって分かっていれば、苦労はいらないと思いますよね。

賀茂さんは、暴落・暴騰が起こる前には「ある条件」が重なる傾向がある
指摘します。

この「ある条件」さえ見つかれば、さっさとエントリーをして結果を待てば
いいのであって、何も起こらなかったら損切りすればいいわけです。

ポジションを持つのは平均2営業日ですから、エントリーした次の日に売る
というイメージです。長くても5営業日程度となっています。

暴騰・暴落を想定し、今の値から相当離れたポジションを買うわけですから
その時点ではクズのような値段であるケースが少なくありませんし、最悪の
場合でも紙くずで終わり
ですから、オプションの売りのように借金が膨らむ
といった危険はありませんし、追証を考える必要もありません。

サブコンテンツ

このページの先頭へ