ウェーブキャッチFX

wcatchfx

>>公開は終了しました<<

ドテン売買はレンジ相場では有効なトレード戦略ですが、レンジブレイクが発生
してトレンド相場になってしまうとコツコツドカンで大損を食らうという結果に
なりかねません。

ドテン売買型のシステムの場合、レンジブレイクが起こる前にポジションを真逆
に変えていることが一般的ですから、このまま放置をすれば損失が膨らみ続ける
わけであって、一刻も早く損切りしなければいけません。

しかし、レンジブレイクが起こることが事前に予測できる状況であれば、ドテン
せずにポジションを持ちつづけることで、レンジ分+トレンド分の大きな利益を
手に入れられる
のですが、あくまでも「机上の空論」でしか無いというのが従来
の常識でした。

そんなことができれば苦労しないよと、あなたも言いたくなったことがあるかも
しれません。

しかし、その机上の空論を現実化したトレードツールが「ウェーブキャッチFX
ですが、案の定というべきか評価は大きく分かれています。

実際に有名どころのレビューサイトを見ても、ダメダメ、話にならない、上にも
書いたように机上の空論だといった具合に、袋叩きの状況ですから、全くの無駄
だとあなたも思っているのではないでしょうか。

しかし、実際にトレードをした人が感じるのは、これらの「レビュー」とは全く
正反対の印象
です。

もちろん、トレードツールですから、トレード時間や通貨ペア、取引に使うFX
業者などによってトレード成績が変わってくるのは当然ですから、同じ時間帯で
あっても稼ぐ人もいれば損をする人もいるわけです。

ドテン売買ですから、損切りをしなければ「利益確定=次のエントリー」になる
わけですが、トレード時間に制限があれば、最後のトレードは途中で打ち切りと
いうのが一般的ですから、成績に違いは出るでしょう。

やりもしないで叩く人が多いのは、この世界では珍しくもありませんが、今回の
ウェーブキャッチFXも、やった人は絶賛とまではいかないにしても肯定的な評価
で、やりもしないのに袋叩きにする人という具合に綺麗に二分化されました。

サブコンテンツ

このページの先頭へ