不動産投資家のための「商工中金」完全マニュアル

shokosnk

>>公開は終了しました<<

商工組合中央金庫(商工中金)は政府の特殊法人の一つですが、他の政府系金融
とは異なり貸出だけでなく通常の銀行などと同様に預金や債券、為替や手形など
も扱うという点で、普通銀行としての一面もあります。

しかし、商工中金の融資先として想定されている中小零細企業だけでなく、実は
不動産投資家にとっても融資先として商工中金が使えることは知っていますか?

何を今さら
と思ったかもしれませんし、全く知らなかったかもしれませんが、「商工中金は
使えない」という話が不動産投資家の中で広まっているのも原因でしょう。

銀行よりも有利な条件で融資を受けられるという話を聞いて商工中金に融資相談
にいったところ、役人崩れで妙にプライドだけが高い職員どもが偉そうな態度を
とり、まともに話も聞かずに追い出したという貴重な経験をさせられた投資家が
少なくないという事情もあります。

しかし、不動産投資向けの融資を受けようなどと甘い考えでやって来る投資家は
糞味噌の愚か者だから、塩をかけて追い出せと商工中金の全ての担当者が考えて
いるわけではなく、商工中金はスルガ銀行や住信L&F、都銀や地銀などとは融資
審査の内容が違うという点を無視したのが原因
だと指摘をするのはHeartBrain
合資会社の倉茂徹さんです。

あくまでも、商工中金は「中小企業金融の円滑化」を目的として設立されたわけ
ですから、実態はともかくとして、商工中金独自の融資基準や、審査ポイント
知った上で不動産投資向け物件の融資相談や申し込みを行わないと、門前払いを
される結果に終わることも珍しくありません。

そこで、この商工中金独自の融資基準や、審査ポイントを知って、あなたも有利
な条件で不動産投資向けの融資を受けられるようにするため、倉茂さんが今まで
の経験や知識を元に、不動産投資家のための「商工中金」完全マニュアルを作成
しました。

商工中金の場合、就活でOB訪問の時点から選考が始まっているというのと同じで
融資相談なのにも関わらず、予告もなく融資審査が始まっているというケースも
意外に多いものです。

その結果、相談しただけなのに断られた、理不尽だといった誤解が生まれる事に
なるケースも多いのですが、いつの間にか審査が始まり、そして、終わっていた
のです。

もちろん、即座で否決ですから「さっさとお帰り下さい」と言われるのです。

このような残念な結果にならないために、就活であればOB訪問時点から準備する
のと同じように、商工中金においても事前準備が必要になります。

サブコンテンツ

このページの先頭へ