シサツクeラーニング

sisatuku

>>公開は終了しました<<

資産運用というと、株式投資で稼ぐ方法やFXトレードスキルを高めるなどと
いった具合に矮小化されがちですが、「それ以前の話」というのは無視され
がちです。

預金に60%、年金に20%、株やFXに20%などという具合にポートフォリオ
で分散させているから完璧だと思っている人もいるかもしれませんが、片手
落ちもいいところ
だといったら驚くかもしれません。

というのも、節税や相続などといった観点が抜け落ちているからです。

株式投資の節税ノウハウや、FXで経費を増やして課税対象額を減らすなどと
いったノウハウを進める税理士や情報商材などもありますが、個別論でしか
なく、ポートフォリオ全体の最適化という観点では片手落ちもいいところ

言わざるを得ません。

元銀行員で今は公認会計士・税理士という、山口県岩国市の正鬼会計事務所
代表の正鬼晋太郎さんと、元国税調査官(マルサ)の國井健さんは資産管理
会社を設立し資産運用を法人として管理した方がいい
とアドバイスします。

しかし、大した金額もないのに資産運用会社を設立した方が余分なコストが
かかるのではないかという心配もあるでしょうし、そもそも知らないことで
面倒臭そうだから嫌だといった具合に生理的に受け付けないという人もいる
かもしれません。

資産管理会社なんて富裕層や成功した企業オーナーが必要とするのであって
サラリーマンや吹けば飛ぶような自営業者には不要といったところでしょう
か。

もちろん、年収100万円程度のフリーターで確定申告の必要もないというの
であれば、資産管理会社よりも明日の生活のための資金を稼ぐ方が先ですが
サラリーマンであっても個人で資産運用するよりも資産管理会社を設立した
ほうが税金や相続などの金額を減らせるケースは意外に多いのです。

シサツクeラーニング」で自宅に居ながらにして学ぶことで、思ったより
も簡単なことがわかるでしょう。

サブコンテンツ

このページの先頭へ