日経225マスタープログラム

nikkei225master

appli03_red

日経225マスタープログラムは100点中5点で、ブックオフで日経225先物の
入門書を買った方がよっぽどましなレベルであり、読む価値ゼロと書かれた
レビューサイトを見てきたかもしれません。

初心者には不向きな上に無駄に高いだけと酷評するレビューサイトもあった
と思いますが、日経225マスタープログラム自体が粗悪な商品というよりは
比較対象となる商品の当て馬に使っているだけという感じでしたので正確な
論評というには難しい印象でした。

日経225マスタープログラムで採用されているデイトレード手法とスイング
トレード手法を比較して、スイングの方がいいという結論を押し付けた上で
とにかくこき落としていたように思いますが、デイトレードではない手法を
持ってきて徹底的に酷評した上で日経225マスタープログラムはいいよねと
いった書き方も可能なわけです。

さて、日経225マスタープログラムは日経225先物をデイトレードで稼ぐ事
を目的としていますから、ある程度はトレード時間を確保できることが前提

になります。

1日3分でお手軽に稼ぐといった目的であれば、寄り引けシステムトレードや
それこそスイングトレードに取り組んだ方が無難でしょう。

日経225マスタープログラムでは、順張り・逆張りはもちろんのこと、複数
の手法を組み合わせることで根拠をもったトレードをすることが可能になり
ます。

しかし、裁量トレード手法共通の問題点というべきか、利益確定に関しては
それこそ「裁量」という面がありますから、どこでクローズすればいいのか
迷ってしまうこともあるかもしれません。

さらに利益を引き延ばしていくのか、ここで利益を確定させるのか、あなた
が判断して決めるわけですが、どちらでもよいケースというのが意外に多い
こともあって困るかもしれませんね。

更に利益が伸びると思って放置したら含み益が減ってしまったり、利益確定
した後に、さらに相場が動いて持ち続けていた方が得だったというケースも
あれば、それとは逆に損失が増えるケースもありますから難しいわけです。

ある程度の経験を積めば、自然と自分のトレードスタイルが決まってきます
から、日経225マスタープログラムで利益が出る状態に持ち込んだ上で試行
錯誤をするといいでしょう。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ