貯金ゼロからはじめる夢の家賃収入

0enoya

>>公開は終了しました<<

不動産投資は先細りすることが目に見えているから、これから始めるなんて
ばかばかしい
といった声を聴くことが珍しくありません。

人口減少時代がすでに到来していますし、勤労層の年収ダウンが止まらない
状況では入居者が増えるわけがないからジリ貧になるのは目に見えていると
いう意見に反論するのは難しいのではないでしょうか。

しかし、サラリーマン大家の小松健治さんは、この意見に反論を唱えます。

というのも、年収ではなく月収で700万円以上を、今でも不動産投資だけで
稼いでいる実績があるだけでなく、

いい物件を選べば、自動的に月収700万円

と小松さんが断言するように、大空室時代が来ようがすべての物件が壊滅的
な結果になるわけではない
という点を忘れてはいけません。

需要がすべて消えてなくなるエリアもあれば、コンパクトシティ化の流れを
受けたり、ベッドタウン開発が成功するなどして人口が増えるエリアもある
からです。

大空室時代では人口減の影響を受けやすい過疎地の物件から崩壊が始まって
いきますが、短絡的に人口の多い大都市だから安心だとか、首都圏の物件で
あれば安全確実というわけでもありませんので注意が必要です。

良い物件が見つかれば、それこそ金融機関が収益価値を認めてフルローンで
低金利で融資をしてくれますし、物件管理や空室対策もサポートシステムを
有効活用すれば手間をかけることなく行ってくれます。

あなたは物件を探すだけでいいのです。
小松さんは、他人が手放した中古物件を狙えばいいとアドバイスします。

といっても、1軒目から億ション一棟買いといった無理をする必要はなく、
それこそ失敗しても給料から返済できる範囲の安価な物件で十分です。

2軒目以降は1軒目で優良資産を手に入れたという実績が付きますから融資を
引き出すのも更に楽になりますし、融資条件も良くなるケースが珍しくあり
ませんから資産増加スピードが一気に上がっていきます。

サブコンテンツ

このページの先頭へ