金匠投資7つの賢略「Mr.ゴールドスミス」継承プロジェクト

7kenryaku

appli03_red

金匠投資7つの賢略「Mr.ゴールドスミス」継承プロジェクトは「Mr.ゴールド
スミス」こと鮎川良さんが、30年以上の投資経験で培った知識や経験、思考
回路を、3ヶ月間かけて全て伝授するというオンライン・オフラインスクール
です。

2015年5月18日スタートですから、遅くても5月17日には締切になります。
参加者が多ければ早期終了もあるようですね。

トレード対象は「日本株」の「現物」です。
先物やオプションなどは使いませんし、空売りもしませんので、信用口座は
不要です。

トレードチャンスは、ほぼ毎日ありますし、トレード勝率は80%前後の上に
損切りは10%程度ですから大損を被る心配はありません。

月利30%前後が期待利益です。

鮎川さんが4年前から始めたという「負け知らず」のトレード手法を学べる
だけでなく、裁量トレードでありながらも無裁量に近い感覚で稼げるという
のがポイントです。

それだったら、自動売買システムにして販売すればいいじゃないかと思った
かもしれませんが、鮎川さんは以下の3つの理由で否定しています。

  • 開発費用が膨大になるために販売価格に転嫁をせざるを得ない
  • 証券会社のIFD注文・OCO注文を使えば自動化できる
  • 取引時間外にすべての作業を完了できる

取引時間外に個々の銘柄をチェックして、トレード対象を絞り込んだ上で、
時間がなければ前場寄り付きでIFD注文、余裕がある時であれば証券市場が
開いている時間帯にアクセスしてトレード状況を確認した上でエントリー
してOCO注文という流れですから、スキャルピング等のようにマーケット
を監視しつづける必要はありませんし、トレードチャンスが一瞬しか無い
わけではありません。

FXでは「メタトレーダー」という無料で自動売買ができるようにするため
のツールがあるのに対し、株式では統一的に使える自動売買ツールはあり
ませんし、証券会社によって売買システムが異なりますから、システム化
するのが面倒だという背景があります。

そこで、金匠投資7つの賢略継承プロジェクトでは、売買注文の自動化を
省略した一方で、トレードするべき銘柄の絞り込みを自動的に行うツール
が提供されています。

もちろん、ブラックボックス化しないように動画やテキストなどを使って
ロジックを説明していますが、手作業で調べるのとコンピュータに任せる
のとでは、どちらがはやいか
というだけの話です。

あなたが株式投資の仕組みやトレードの仕方を既に知っていれば、ツール
の使い方とトレードの流れを理解できれば、早ければ数日でトレード開始
することができます。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ