山本伸一の株式トレード ブレイクショット

breakshot

appli03_red

株式市場の格言で

「陽線がでたら買い、陰線がでたら売り」

という言葉がありますが、トレンドフォローだから当たり前の話だと思って
トレードしても、思ったように稼げないというケースは珍しくありません。

馬鹿正直にトレードをするとダマシにあうことが少なくないからです。

特に、短時間でトレードが完結するスキャルピングやデイトレードでは全く
思惑通りに株価が動かないというケースは増えてきますが、チャートの見方
自体が間違っているのが原因
と指摘をするのは、証券ディーラーとして20年
以上の経験を持つ山本伸一さんです。

山本さんは、株式取引参加者の感情を読み解くことが重要だと言いますが、
心理学の勉強をしなければいけないというわけではなく、チャートや板情報
などを見れば分かるようになります。

具体的には、

  • レンジブレイクアウト
  • ギャップリバーサル
  • V字リバーサル

を抑えておけば、株価の値動きを自然と読めるようになるというわけです。

もちろん、全く予期されていなかった材料が出てくれば、今までの値動きと
全く異なる動きをしますし、今でも相変わらず減ることがない「仕手株」の
場合、事前から銘柄監視を続けていないと暴騰前・暴落前の兆候を見つける
ことは困難ですから、100%絶対に読めるというわけではありません。

それでも、まったく何も分からないままにトレードをしているよりは正しく
株式市場を予測できるようになることは確実ですから、知らないより知って
おいたほうがいいわけです。

そこで、山本さんが前場の寄り付きに着目してデイトレードで稼ぐトレード
手法を、「山本伸一の株式トレード ブレイクショット」というマニュアルに
まとめて公開しました。

シンプルでありながらも分かりやすいトレードルールで、あなたも無理なく
取り組めると思います。

もちろん、前場の寄付直後からエントリーできなければブレイクショットを
使う意味はありませんから、始業時間の遅いサラリーマンか、午前中に時間
的な余裕を確保できる人であることが前提です。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ