会社を辞めて不労所得で生活する法

furoshotoku

appli03_red

知らないだけで損をしている
というケースは、意外に多いものです。

携帯電話が分かりやすいと思いますが、それこそ、何の節約も行わずに使い
続けていると、毎月数万円以上の請求が来ることも珍しくありません。

契約年数が5年、10年と増えていってもメリットが何一つありませんから、
2年毎にMNPで他社に移動してiPhoneでも契約すればタイミングによっては
本体は一括0円の上に数万円の現金や商品券がもらえるだけでなく月額費用
も数千円(かつては数円という時期もありました)程度に抑えられます。

方法を知っているかどうかの違いだけであって、特別な人しか実践できない
ようなものではありません。

さて、仕事をやめた後についても同じことが言えます。

それこそ何もしなければ単なる無職で収入が完全に途絶えてしまいますし、
失業保険を受け取るためにハローワークに行ったところで会社倒産でもない
限りは、最初の3ヶ月間は受け取れないというのが一般的な流れです。

しかし、あなたが死ぬまで不労所得で悠々自適の生活というのは無理ですが
会社をやめて2年程度であれば、たとえ貯金が全くなくても生活するのには
困らない程度の安定的な収入が得られる方法がある
というのは伊東知隆さん
です。

もちろん、市民団体や政治家とともに役所に行って、ゴリ押しで生活保護を
ゲットするといったものではありませんし、会社をやめた後で自己都合退職
を会社都合退職に切り替えて失業給付を受け取るのも難しいものです。

そこで、以下のような方法を併用すれば2年程度は生活の心配はなくなると
伊東さんはいいます。

  • 自己都合で退職しても、すぐに失業保険がもらえる方法を実践する
  • 国からもらえる最高1000万円超(月平均20万円)の不労所得をゲット
  • 請求された税金を合法的に負けてもらう方法を実践する(最大7割以上)
  • 保険料を払わなくても年金がもらえる方法を実践する
  • 国民健康保険の保険料を安くする方法を実践する
  • 生活保護を使わずに、最大2年間、仕事をせずに生活費をもらえる
  • 合法的に家賃を支給してもらう方法を実践する
  • 必要であれば、年利最大3%以下という超低金利でお金を借りる

会社を辞めて不労所得で生活する法」をみれば全てわかります。

なお、行政は、窓際対策なのか、それとも無知なだけなのかわかりませんが
でたらめなことしか言わない「うそつき職員」が少なくありません。

「会社を辞めて不労所得で生活する法」では、行政の担当者から嘘の説明を
された時の対応策も用意していますので安心です。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ