Mr.Hilton・ストラテジー225

hilton225

appli03_red

日経225先物には独自の「定型化した動きのパターン」が存在するというの
は、先物専業トレーダーのMr.Hiltonさんです。

この「定型化した動きのパターン」を知っているからこそ、日経225先物で
安定的に利益を出し続けているというMr.Hiltonさんですが、あなたも同じ
ようにトレードができるというのが「Mr.Hilton・ストラテジー225」です。

こちらも2012年10月に販売が始まってから結構な時間がたっていますので
さまざまなレビューが展開されていますが、初心者でも1週間でマスターと
いうのは誇大広告の傾向がするとしても、1週間で内容を理解し、その後は
練習してトレード勝率を高めていく
と考えれば無理は無いでしょう。

1週間後には余裕で稼げるようになるなどと考えていると裏切られる結果に
なりかねません
ので注意が必要です。

「信号は青だから歩く」という言葉の裏には、青色であることが理解できる
とか、青色でなければ横断歩道を歩いてはいけないという知識があることが
前提になりますから、「日経225先物の常識」を知らないと、そこから勉強
することが必要
になります。

たとえば、日経225先物は他の相場の影響を一切受けずに自由に動くわけで
はありませんから、オプションや現物、為替やTOPIX先物などといった他の
マーケットとの関わりであるとか、さまざまなテクニカル指標の特徴や特性
も知っておかないと、日経225先物の癖を見出すことはできません。

覚えることはいろいろとありますし、Mr.Hiltonさんが「癖」と呼ぶ「定型
化した動きのパターン」を正確に見抜くためには、それなりの経験と知識が
必要
だからです。

しかし、Mr.Hilton・ストラテジー225の手法をしっかりと身につけることで
それこそ、他のトレード手法に頼ることなく稼ぎ続けることは可能だと言え
ますから、今回こそ日経225先物で稼げるようになりたいと思うのであれば
知っておかなければいけないことを集中的に学べる必須アイテムです。

なお、Mr.Hilton・ストラテジー225は長めのスキャルピング、デイトレード
向きのトレード手法ですから、先物自体がバイアンドホールドには不向きだ
としても、数日から数週間程度で大きなトレンドを狙うスイングトレードを
行う人には向きません。

トレード勝率は個人差があるとは言っても、それほど高くありません。

早めに損切りして利益を伸ばすようにしているからこそ、損益幅は大きいの
ですが、負けトレードが多いと感覚的に損をしているように感じるかもしれ
ません。

【文章を開く】

サブコンテンツ

このページの先頭へ